セコ釣り上等!バス釣り最強のエサワームは

2017/08/22

カットテール

年々、釣り禁止の池が増え、今や河川か琵琶湖か、ってな状況が続くバス釣り界
限られたバススポットもスレきった状態で、ボウズ食らうのも当たり前。
そんな中で、ボウズ逃れにタックルボックスに忍ばせているワーム達。
「もはやエサ!」と呼ばれているような有名ワームの中で、極個人的なインプレッションをしてみることにした。

スポンサーリンク

ゲーリーヤマモト カットテール4インチ


「エサワーム」としての圧倒的に実績があり評判の高い、「カットテール4インチ」
そもそもゲーリーヤマモト自体が「エサ」みたいな見られ方するものの、なぜか「カットテール」が圧倒的に釣果が高い。

ちなみに個人的に、4インチグラブやイモグラブなどではあまりいい思いをしたことがなく、困った時のゲーリーといえばカットテール4インチ。

それも「ウォーターメロンペッパー」に限る。

使い方としては、ノーシンカーワッキー一択。
ネコリグのほうが調子いいときもあるのだが、最大の欠点である「塩入り」ゆえの脆さのため、ネイルシンカーが吹っ飛んだりすることが多いのであまり使いたくない。

欠点としては、上述の通り、とにかく脆く、針持ちに対する値段の高さ。
中古ワームで見かけると条件反射で買ってしまう、そんなワーム。

ジャッカル フリックシェイク


カットテールと双璧をなす「エサワーム」として名高いが、個人的にはあまりいい思いをしたことがない。
カットテールのようにフォールで食わせる魚ばかりを相手にしてたのかもだが、泳がせて釣るのであれば、ジャッカルの「2インチシザーコーム」を極小ジグヘッドで巻きシザーしたほうが調子がいい。

そして、ジャッカルワームもあまり安くないし、塩入りじゃないのにシェイプの問題か、針持ちもよくない。

個人的にはあまり好きじゃないワーム。

ZBC スワンプクローラー


ネコリグ専用、みたいな感じだが、大小問わずに釣れてくれるのがいいし、極端に小さいやつは喰わないのもいい。

ボディも丈夫で針持ちもよく、たまにタックルベリーで20本500円とかどエライ安く買えるので総じてコスパが素晴らしい。

それなりの質量もあるので、飛距離もあるし、スキッピングもしやすい。
ベイトフィネスで扱うにも丁度いい。

viva サタンワーム


これのダウンショットは小学生の頃から最強だと思ってる。

とにかく安く、張り持ちがよく、なにより意味不明なくらい釣れる。
これで釣れない魚は釣れない魚と諦めがつくレベル。

問題は、極小バスやギルの猛攻にあうこと。
サイズが小さいからしょうがないんですが、バカでもバス釣らせてあげるなら、これもって冬の旧彦根港に行くしかない。

ワームじゃないけど、セイラミノー55s最強説


ワームじゃないけど、下手なワームより釣れちゃうのが、ジャッカルのセイラミノー55s

水深が極端に深いところだと微妙ですが、野池レベルだと、何気に最強なんじゃないかなってくらいアホみたいに釣れる。
ひたすらただゆっくり巻くだけで、魔法みたいにわらわら魚湧いてくる。

冬の旧彦根だと、ノーシンカーでネチネチやっている横で、何十匹レベルで魚が湧いてきて、1投1釣状態になることもザラ。

ワームにスレきった状態で、どうしようもなくなったらコイツの出番。

針変えて、冬のロックフィッシュなんかも面白いと思う。

問題は値段。ジャッカル高い。

ちなみに、野池最強と名高い「デラクー」は?

一時期爆発的に釣具屋を賑わし、「本当に馬鹿みたいに釣れる」とバス釣り界を賑わしたジャッカルの「デラクー」ですが、個人的にはあまりいい釣果に結びついておらず。

飛距離もあるし、投げて巻くだけっていう簡単さは確かにあるし、根掛かりのし辛さっていうアドバンテージは確かにあるけど、とりあえず魚触りたかったら、セイラミノーのほうがいいかなって思う。

投げる気持ちよさっていうモチベーションは確かにあるんだけど、魚を取りに行くことを目的にすると、個人的にはちょっと違うのかなと。

巻きの釣りより撃つ釣りの方が好きだからっていうのもあると思いますが。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

-FISHING, FRESH WATER
-,