ジュピターコーヒーの豆が安くて美味しいから重宝しまくっている

ジュピターコーヒー

10年以上、家で飲むコーヒーはドリップと決めているが、意外にコーヒー豆って高くつくのです。

昔はKEY COFFEEの缶入りを愛用してましたが、ミルを手に入れてからはいろんなお店の豆を試しまくったり、お気に入りの豆屋さんもいくつかあるものの、本当に毎日飲むものだから普段飲むコーヒーからそんな高級なもの使ってたら経済的にかなり圧迫される。

かといって、スーパーに売っているような豆だとどうしても日持ちが悪いし、カルディとかの豆もそんなに鮮度が良くないので、普段は「ジュピターコーヒー」という輸入食料品店で豆を買ってるのですが、ここのコーヒー豆が安いのに、なかなかイケてる。

スポンサーリンク

外観は劣化版カルディ、だがしかし

いわゆる輸入食料品店といえば、今やどこのイオンにも入っている「カルディ」が有名ですが、そんな「カルディ」の対抗馬みたいな位置づけにある、「ジュピターコーヒー

いうほど知られた存在ではないですし、名古屋市内も2店舗くらいしかないのです。

ジュピターHP

雰囲気はHPの通り、結構がちゃがちゃしており、扱っているものも「カルディ」にかなり近いのですが、なんとなく雰囲気的に安っぽい。

だが、しかし、コーヒー豆に関しては「カルディ」に対して圧倒的に優れているのです。

かなり高確率で30%オフ。調子がいいと50%オフ。

まず、お値段がかなりお安い。

通常価格だといわゆるハウスブレンドである「ジュピターブレンド」で200g550円程度と、「カルディ」あたりと同じような価格設定なのですが、なぜかかなりの高頻度で30%オフセールをやっており、たまに50%オフにもなったりします。

そのため、ブレンドコーヒーであれば200g340円程度と、かなりお値打ちに入手可能。

だいたい我が家では1ヶ月で600~800gほど消費するので、30%オフのタイミングに見計らって600gくらい買うのですが、切れる前くらいにまた30%セールを見計らって買うようなペースでいけるので、ほぼ毎回30%オフ。
1ヶ月くらいであれば鮮度も落ちないので、まとめ買いしても全然余裕で消費可能。

豆の種類もアイス用のブレンドや、ブラジルやケニアのシングル豆、ブルーマウンテンのような高級豆、さらには自家焙煎用の生豆までありますが、どれも例外なく30%オフになるので、たまにシングル豆いくつか買ってセルフブレンドしたりといったことも気軽にできます。

お店で真空パックしてくれる

単に安いだけじゃなくて、買うタイミングでわざわざお店で真空パックしてくれるのが、とてもありがたい。
通常だと、もともと真空パックしてあるものであったり、そもそも真空パックもせずそのまま渡されることも多いので、何気にこれが嬉しい。

それなりにいい豆を買うと、鮮度を保つために冷凍庫に入れたりすることもありますが、真空パックになっていることと、1ヶ月もあれば消費されるので、普通に常温でそのまま置いておいても問題無し。

ポイントカードがあっという間にたまる

基本的にコーヒー豆200gにつき1個押してくれて、100個貯まると1,080円分のお買い物券として利用出来るポイントカードがあるのですが、上述の30%オフに加えて、これまた高頻度でポイントカード2倍セールをやっているので、ものすごい勢いでポイントがたまります。

夏場なんかだと水出しアイスコーヒー用にどかっと豆を買うので夏場の溜まり方は本当にすごい。

こうなってくると、何もセールなどとやっていないときに買うのがアホくさくなるくらい、しょっちゅうセールやってる。

なにげに豆もけっこうおいしい

値段勝負なところもありますが、肝心の豆もなかなかにしておいしい。
少なくとも、スーパーとかで売っている豆とか、DEAN&DELUCAとかで売っているちょっとスカしたパッケージでまあまあいい値段する豆なんかよりは俄然いい。

あと、コーヒー豆って豆自体の質もありますが、そもそも鮮度が大事なものなので、比較的鮮度がいい豆を安く買えるっていうのが一番大きい。

さすがにシングルで浅煎りで飲むような飲み方には向いてはいないものの、朝ごはんと一緒に飲むようなブレンドコーヒーであれば、かなりイケてる。

今時DM会員みたいなものをやっているらしい

このスマホネイティブでメルマガや比較的安価にプロモーションツールとして使える「LINE@」などが幅効かせまくっているご時世にまさかの「DM会員」の制度を持っているある意味貴重なお店。

しかも、入会するにはわざわざお店で、店員さんに入会用紙をもらわないといけないというアナログぶり。

しかし、DM会員になると、会員限定コーヒー豆50%オフのクーポンが届くらしい。。。

主に東日本を中心とした店舗展開らしいので、まだまだお店が少ないのが現実ですが、名古屋だとセントラルパークと枇杷島のイズミヤと、なかなか渋い立地ですが、完全に穴場です。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

-FOOD
-