お手頃ソロテントNEMO Galaxi storm 2Pを購入

nemo galaxi 2p

前々から、軽量ソロテントが欲しいなって思っていたのですが、いざソロキャンプをするということになってしまったので、この機会にソロテントを物色。
たまたま、見に行ったナディアパークの地下にある「SWEN」で、在庫処分の「NEMO Galaxi storm 2P」を格安で発見。

スポンサーリンク

本当は、MSRを狙っていたのだが

もともと、数年前にソロテント欲しかった時はずっと、MSRの「Elixir2」を狙っていたのです。

MSR Elixir2
MSR Elixir2

ちょうど発売されたばかりの頃で、軽さについてはギリギリ2kg弱ではあるものの、見た目のかっこよさとお値段(当時確か実売で35,000円くらいだった気がする)だったので、今回購入するにあたってはぶっちゃけ「Elixir2」を買うつもりだったのです。

ところが、円安の影響やら消費税増税やらでめちゃくちゃ値上がりしていて「45,000円」くらいになってることをお店で知ることに。(珍しく下調べしなかったので)

つい、お見せで「う〜ん」と唸っていたところに、たまたま同じクラスの「NEMO Galaxi storm2P」を発見。

NEMO Galaxi storm 2p
nemo galaxi2P

見た目もなかなかカッコイイし、しかも廃盤商品だったため3万円弱というお値打ちプライスになっていた為、即決購入。

実は「NEMO」ってブランド、よくわかってなかった

昔、軽量小型シュラフを物色している時に見かけてはいたものの、実は「NEMO」ってメーカーのことよく知らなかったのですが、2002年創業の比較的新しいブランドなんですよね。

NEMO EQUIPMENT
nemo
主に、テントやタープ、スリーピングベッドといったアウトドアギアが中心なのですが、創始者がアメリカでも有数の芸術・デザイン系大学のRISD(RhodeIsland School of Design)在籍中に立ち上げたらしく、確かにデザイン的に結構カッコイイのが多い。

日本では、カセットコンロで有名な「イワタニ」が代理店らしいです。
「イワタニ」は他にもリュックで有名な「deuter」や、オシャレ水筒の「LAKEN」なんかも代理店になっているそうです。

イワタニ・プリムス

ソロテントといいつつ、一応二人用。

究極の「UL(ウルトラライト)」ギアを目指すなら、一人用ソロテントを買うのですが、一人で使うにしても多少はゆとりがあるほうがいいし、嫁つれて気軽にキャンプするのにも荷物にならずに悪くないなって思ったため、二人用を選びました。

重さは2.3kgとこの手の軽量ソロテントとしては重たい部類かもしれませんが、登山するわけではないし、もともと持っている四人用テントが10kg近くあることを思えば革命的に軽いし、小さい。

コンプレッションバッグに入れれば、めちゃくちゃ小さくなりそう。

いざ、ソロキャンプへ

さっそく「NEMO Galaxi storm2P」を担いで、三重県の宇賀渓キャンプ場にソロキャンプに行ってきました。

宇賀渓キャンプ場
ここは三重県のキャンプ場でも、石河原が広がるワイルドな雰囲気でありながらも、名古屋から車で1時間程度とほど近く、子供でも安心して泳げる浅瀬の川が流れていることから、家族連れや若者がBBQやデイキャンプによく訪れるそうです。

現地についたのは夕方だったため人はまばらですが、逆にあまりにもワイルドな環境ゆえにオーバーナイトをしていたのは僕含めて3組程度だったこともあり、静かにソロキャンプするには最高の環境でした。
逆に朝になると家族連れや若者でごった返してきてすごい賑わいに。

で、実際に「NEMO Galaxi storm2P」を一人で立ててみたのですが、思った以上にカンタン。
さすがに最初は組み立て説明書を見ながらだったので多少時間がかかりましたが、なれれば本当に5〜10分くらいで立てられるんじゃないかと思います。

nemo galaxi2P
ポールエンドと本体四隅の接合がジョイントになっているため外れにくく、よほど強風でもふかなければ崩れる感じはなさそう。
ペグが弱々しいのは致し方ないけど、基本的に自立テントなので、よっぽどエクストリームな環境でなければ大丈夫そう。
組み立てた後でも一人軽々と運べるほど軽い(さすがソロテント)

室内も思った以上に広く、ベンチレーションや小物ポケットもしっかりあって、個人的な用途としては大満足。

ソロキャンプという楽しみを覚える

キャンプというとどうしても荷物との戦いになるので、オーバーナイトするとなると一人でいくにはハードル高くなってしまって結局一緒に行く人を探したりとかでなかなか行く機会を作るのも大変でしたが、これからはより気軽にキャンプに行けるようになったのが何よりも嬉しい。

当然、仲間内や家族とのキャンプも楽しいのですが、電波も届くか届かないかの環境(DTI SIMは繋がったり繋がらなかったりでした笑)で、完全にネットワークから遮断されたオフラインの世界は、余計なノイズもなく、ただ川の流れる音を聞きながら焚き火を黙々と燃やすかランタン照らしながらAmazon Fireで読書するという非常に贅沢な時間の過ごし方ができました。
(虫とか獣とかの脅威はありましたが)

宇賀渓キャンプ場

男には職場と家庭以外のサードプレイスが必要という話もまれに聞きますが、テントとシュラフと少しの荷物さえあれば、ネットワークにまみれた社会から隔離された究極のサードプレイスをあらゆるところに作れるようになりました。

「Galaxi storm 2p」は廃盤になってしまったようですが、「NEMO」なかなかいいブランドです。


LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

-GEAR
-