カバンに一枚、持っていて損のない速乾タオルPacktowl(パックタオル)

2016/06/23

packtowl

元はといえば、どこかに出かけたついでに銭湯に寄りたくなることが多く、その都度タオル代を払うのが馬鹿馬鹿しく、携帯性の高い速乾性のタオルがあればと思ったのがきっかけ。

すぐに乾いて、携帯もできるといい!とアウトドアショップで見つけたが、Packtowl(パックタオル)

 

スポンサーリンク

吸水性と速乾性、そして携帯性

packtowl

Packtowl(パックタオル)にはサイズや素材によっていくつかの種類があり、最近では「RobeTowl」というバスローブみたいなものまで登場している。

また、それぞれメッシュ素材のポーチが付属しており携帯性が非常に高く、タオルにはループもついている為、アウトドア使用でタープや木にひっかけて乾かすといった使い方も可能。

軽さや携帯性優先だと「Nano」でホントに紙みたいな薄さですが、お手拭きとしてはいいかもしれないもののしれないものの銭湯に持っていくには吸水性の点でちょっと辛い。

「ultralite」も以前使った事があるが、やはりお風呂で使うには使い勝手や肌触りの点で少し心もとない。

個人的に愛用しているのは、「Original」で、自重の10倍の吸水性があるものの、強く絞って30分も放置しておけばほぼほぼ乾く。それでもMサイズで自重が約40g、専用ポーチに入れるとA5サイズより小さい。

サイズも豊富だが、携帯性と使い勝手の点で「Mサイズ(31×57cm)」が手ぬぐい的に使えて一番汎用的で携帯性にすぐれていると思います。。

お値段も種類やサイズによって変わるものの、一番汎用的な「Mサイズ」が2,000円程度なので、プレゼントにもいいのではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

-GEAR
-, ,