PloomTECH(プルームテック)到着。比較するとiQOSの完成度に改めて気づかされる

2018/05/03

ploom tech

6月に予約していたPloomTECH(プルームテック)

Ploom TECH(プルームテック)オンライン予約の結果


二回も購入時期の延期の末、11月末にようやく手にすることができました。

スポンサーリンク

すっかりIQOS(アイコス)に慣れきってしまっていた

6月の頭にIQOS(アイコス)に切り替えて、ほぼ直後にPloomTECH(プルームテック)を予約し、約半年近く経ったこともあって、今となっては完全にIQOS(アイコス)に慣れきってしまっている状況。

過去に自分が吸っていた紙巻の銘柄ですら、「よくもまあ口がネバネバするもの吸ってたな!」と思うくらい完全にIQOS(アイコス)舌になってしまってた。

そんな中で、待てど暮らせどやってこないPloomTECH(プルームテック)のことなど半分忘れかけていた11月の頭くらいに、ようやく「購入可能」の連絡。

まあ、飽きればメルカリで売ればいっかってな安易な気持ちでポチっと購入。

想像以上に、タバコ感がないPloomTECH(プルームテック)

IQOS(アイコス)で完璧にメンソール体質になってしまったので、PloomTECH(プルームテック)も当然ながらメンソールのカプセルを選択。

いざ、到着して開封とともに、カプセルを装着して一服

・・・思った以上に、吸っている感覚がない。

IQOS(アイコス)を吸うようになって、暖かい煙が口に入ってくることが当たり前になったからなのか、冷たい煙が口に入ってくることにも違和感があるとともに、思った以上に煙的な感覚がなく、全くもってタバコを吸っている感じがしない。。。

そして、なにより、おいしくない。。。

そもそもメビウスのメンソール自体おいしいものではなかったが、PloomTECH(プルームテック)のそれは、もはやタバコであることを疑うくらいに、味がなく、そして煙を味わっている感覚がない。

もはや禁煙パイポ吸っているような感覚。

というわけで、結局のところ購入して一週間以上経つものの、いまだに2個目のカプセルすら消費しておらず、ほぼIQOS(アイコス)ばかり吸っているわけでありました。

煙が少ない、メンテが少ないなどメリットもあるが

一応いいところも書いておくと、IQOS(アイコス)のように吸うたびに充電する必要もなく、吸えば煙がでてくるとか、本体自体が細くてかさばらないとか、煙が少ない分匂いが少ない、ゴミが出ない、メンテがほとんど必要ない、などIQOS(アイコス)以上のメリットもあり。

とはいえ、肝心のタバコとしての吸い味がまったくなくて、ほんとにニコチンの水蒸気をただ吸っているだけのような感覚。
おまけにカプセル式ということもあって、普通のタバコのように一本吸い終わるという感覚もないため、やめどきがよく分からない。

そう考えると、同じ電子タバコというカテゴリーで見てもいかにIQOSがよくできているものかがよく分かる。
紙巻きタバコとほとんど違和感のない吸い味で、煙がほとんど出ないというのは、すごい技術だったのね。

周りのIQOS(アイコス)とPloomTECH(プルームテック)を併用している人たちは、IQOS(アイコス)の充電中にチェーンスモークするためにPloomTECH(プルームテック)を吸う、みたいな人が多く、結局PloomTECH(プルームテック)があることで吸うものが増えているだけ、みたいな感じになっている模様。

カプセルの流通がもう少しよくなれば変わるのかもしれませんが、メンテナンスや故障の多さを踏まえても、今の現状だと完成度、利便性ともにIQOS(アイコス)の優位性は圧倒的ですね。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

-iQOS
-, ,