PloomTECH(プルームテック)のオンライン予約開始したが、会員登録でいきなりつまづく

2018/05/03

ploomtech

IQOS(アイコス)を手に入れてからというものの、なんだか体の調子もいいし、食欲も湧くし、灰で汚れたりしないなど、いいことづくめの電子たばこライフを送っている今日この頃。

超品薄の続く電子タバコ「iQOS(アイコス)」をメルカリで購入。

iQOS(アイコス)吸い始めて1週間。試しに紙巻タバコ吸ってみたら本当においしくなかった

電子タバコのよさに気づいてから、元々「メビウス」ユーザーだったこともあり「JT」の「PloomTECH(プルームテック)」にも興味があり、6/23 10:00よりオンライン予約が再開するとのことで、お昼を狙っていざ予約をしてみようと思ってみたのですが....

スポンサーリンク

会員システムがトラップだらけ

まずもって、「PloomTECH(プルームテック)」を予約する場合は、オンライン会員に登録する必要あるのですが、なんと「2種類」の会員に登録する必要あり。

一つ目が、「JTスモーカーズID」
JTスモーカーズID
これは、いわゆる「JTたばこ」全般に関する情報サイトの会員で、まずそこに登録必要があります。
面倒なのが、「たばこ」を扱っているということで、「身分証明書」をオンラインで登録する必要があり、免許証やTASPOなどを写真で撮ってアップロードしなくてはいけません。
更に必要事項と身分証明書のアップロードだけで登録は完了はせず、「JT」側での審査承認が完了しないとIDが発行されないので、とにかく時間がかかります
幸いにしてこちらは申請から2時間以内にID発行が完了しましたが、申請時のフォローバックメールには「審査結果は数日以内にメールでご連絡します」とあるため、下手すると本当に数日待たされる可能性もあります...

ここまでやって、ようやく一つ目の会員登録が終了し、更にもう一つ「plus Ploom」というものに登録する必要があります。
「JTスモーカーズID」にログインすると「plus Ploom」の登録ページにたどり着けるのですが、なぜかもう一度個人情報の入力と身分証明書のアップロードを求められます。
一応「JTスモーカーズ ID情報を利用する」というボタンで、一部情報を流用することはできますが、電話番号と住所、身分証明書のアップロードは改めてやり直す必要があります。
更に、「plus Ploom」についてはJT側で住所の確認を取れるまで会員登録が完了しないため、現時点ではまだ「plus Ploom」の会員登録が完了しておらず、PloomTECH(プルームテック)の予約までたどり着けておりません...

転売対策なのかもしれませんが、とにかく面倒くさいトラップが満載...

予約といっても、購入可能な日時が分かるだけで、それもまだまだ未定。

そう、結局はまだ在庫があるわけでもなく、「これから予約してくれた人には順番にお届けできる日時をお伝えします」ということでしかないのです。
一応、7月中旬頃に購入可能時期の連絡があるとのことですが、そもそも購入できる時期によって案内時期も変わるとのことなので、具体的にいつ頃購入できるのかは当分わからないということ。
更に6/23〜7/7の期間において予約順番は購入時期とは関係しないとのアナウンスがあり、いったい何を持って自分が購入する時期がわかるのかもさっぱり不明。
めちゃくちゃ運がよければ7月中に入手することもできるかもしれませんが、下手をすると「年内いっぱい待つ」といったことも多いにありえるかもしれません...

とはいえ、たばこカプセルが流通してないんだったら急ぐ必要もないわけです

結局IQOS(アイコス)が強いのは、本体入手するのが困難だったとしても入手してしまえば、ヒートスティックは今やどこのコンビニでも買えるところ。
現在は福岡とオンラインショップでしかPloomTech(プルームテック)のカプセルは買えないので、本体だけ早くやってきても、肝心の中身が入手困難だとどうしようもないので、気長に待つとしましょう。

ていうか、PloomTECHスターターキット2,000円って...

定価4,000円っていうのもIQOS(アイコス)に比べれば全然安いのに、予約すれば2,000円ぽっちで買えるとのこと...
戦略的には、カプセルを売る為にキットの値段を下げようとしているのだとは思いますが、2,000円だったら気軽に試せるからいいね。
IQOS(アイコス)買うときも1万円近くするスターターキットの購入に二の足踏みましたから...(あまりにも買えないからクーポン使わずほぼ定価でメルカリ購入したけど)

個人的には、紙巻タバコの感覚で吸えるところにIQOS(アイコス)のよさを感じますが、「吸引回数」という概念のPloomTECH(プルームテック)はどんな感じなのかっていうのも単純に興味があります。
コスパで考えると、シャグ(巻きタバコ)を詰めて使える海外製のVAPEや、人知れず消えていった初代Ploom(推奨されているわけではないが、シャグ詰めて使えるそうです)なんかも気になります。

そこまでしてニコチン取りたいのかって冷静に考えると、ものすごく虚しい気持ちにもなりますけどね..

2016.07.17追記:予約結果が来てました。

Ploom TECH(プルームテック)オンライン予約の結果

2017.06.29追記:東京での販路拡大に伴い正規品の価格ちょっと下落してきたっぽいですね。

正直vapeも吸えてPloomカプセルもいけるEleaf iCareのほうがお得な気もしますが。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

-iQOS
-, ,