節水シャワーヘッドRAINY使用1ヶ月で水道/ガス料金下がった

2016/06/30

rainy-basic

節水シャワーヘッドRAINYを導入してから1ヶ月が経ち、初めての水道料金の請求が来ましたので、水道料金としてどの程度節約効果が現れたか、検証していきます。

節水&ガス節約?節水シャワーヘッド「RAINY」購入

スポンサーリンク

数字的なインパクトは少ないけど、確実に節約効果が出た!

水道代の請求は2ヶ月請求ゆえ、今回は5−6月分の請求になりますが、購入したのが5月終わりだったので、実質1ヶ月分での節約効果の検証になります。

ちなみに我が家は二人暮らしで、お風呂は湯船にお湯を張りつつ、体や頭洗うのにシャワーを併用するスタイルになります。

大体いつも2ヶ月で8,000~9,000円の間くらいで推移しております。

それでは早速、3-4月と5−6月の水道代比較です。

・16年3-4月分 水道代:8,706円
・16年5-6月分 水道代:8,021円
→差額:-685円

1ヶ月分の節水効果として-685円ということでいくと、2ヶ月で1,370円。
基準を16年3-4月分の8,706円と置いた場合「約15%」の節約効果となります。

元々の商品の触れ込みが「約40%の節水効果」とありましたが、あくまでもシャワー利用分に限の為、水道代全体で見ればそこまで大きな数字のインパクトを感じません、

しかし、仮に全体の水道使用量における約40%をシャワーが占めた場合、16年3-4月分のシャワー利用分の水道代は「3,482円」となるため、上記1ヶ月分の削減額をもとに「2ヶ月で1,370円」が削減できたとシミュレーションすると「39.3%」の節約となり、「約40%の節水効果」というのもあながち間違ってはいないかもです。

ちなみに、ガス代がすごい下がってる...

RAINYの効果として、シャワーの水流が弱くなることで、湯沸かしのパワーを抑えることができるためガス代の削減にもつながるらしいです。

ついでに5月と6月でガス代を比較すると以下の通りの結果に。

・16年5月分 ガス代:6,428円
・16年6月分 ガス代:4,973円
→差額:-1,455円

これについては気候が暖かくなってきていることや、5月の頭はまだ少し水が冷たくて洗い物のときにお湯を沸かしたりしていたこともあるので、単純にRAINYだけの効果とは思えないので、昨年6月のガス代と比較してみたら驚愕の結果が...

・15年6月分 ガス代:7,058円
・16年6月分 ガス代:4,973円
→差額:-2,085円

なんと前年比29.5%の削減。

確かにコンロって、季節によってガスの使用量そんなに影響ない気がするので、シャワーの使用量ってかなり影響されるんでしょうね...

しかも、我が家はお茶飲んだりするお湯は一つ口の卓上IHで沸かしているので、ガス利用のシャワー比率は高いんだろうな...

てか、ガス代と水道代1ヶ月分でRAINYの元取れた

水道代前月比およびガス代前年比での削減額が2,085+685=2,770円なので、1ヶ月でRAINYの費用がペイできてしまった...

以前も書いた通り、シャワーが温まるのに少し時間がかかることと体感的なお湯の温度が低く感じるので、冬場の使用がどうなるかはさておき、特にシャワーが中心になるこれからの季節だけでも使えばあっという間にペイできて節約にもなるので、やっぱりめちゃくちゃお得だと思います。

節約効果はシャワーの使い方によって前後するとは思いますが、なにより肌に当たった感触が気持ちいいので、節約効果をそんなに期待しなくても、シャワーの感触を試してみるっていう意味でもアリだと思いますね。

さすが、バスメーカー大手のサンエイ…

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

-ITEM
-, ,