なんだか知らない間にvernee Thor Eなるものがでているではないか

2017/06/22

vernee-thor-e

昨年、格安SIM(DTI SIM)に移行する際に購入した中国の新興スマホメーカーverneeのThorですが、知らない間にアップグレード版のThor Eなるものが発表されてました。

コスパ異常のAndroid6.0搭載SIMフリースマホ vernee Thorをゲット

スポンサーリンク

バッテリー容量5020mAh!!!

相変わらず格安でAndroid7搭載オクタコア、デュアルSIMスロット(しかも今回はnano SIM)、メモリ3GBとコストパフォーマンスのよさが光るvernee Thor E

ディスプレイサイズは1200×720の5型、カメラ性能も特に変更なさそうですが、特筆すべきはバッテリー容量。なんと5020mAh!!
単純にThorの2倍以上。Thor自体もそんなにバッテリー持ちが悪くない印象でしたが、軽く2日はまったく充電しなくても問題なさそう。

見た目もなんかよくなってないか...

vernee thor e
vernee Thorも個人的にはすごいミニマルな外装と背面のマットな質感がカッコイイと思ってましたが、Thor Eはまた趣が変わっていて、よりソリッドな印象。
そして指紋認証が四角に変わってます。

僕のThorは指紋認証が最終的に暴走したというか、常に何かに反応してまったく使い物にならなくなってしまったので、あまり期待はできないですが、反応速度は異常なほど早かったので、おそらくThor Eもそれなりに反応はよさそう。

vernee Thorを2週間ほど使って気付いたこと

一年ちょっとで買い換えるくらいの想定なら、Thor E間違いなく買い

個人的にVernee Thorを1年使ってみての不満はちょこちょこあります。
まず、思った以上にフロントガラスの耐久性低い。Thor用の保護シールはかなり限られてくるので、最初からついていたシールを使ってましたが、半年くらいで落下→破損。とはいえ操作に不具合ないのでそのまま使い続けたものの、修理できないのは分かっていたが長く使うには厄介。

あと、上述の通り指紋認証の不具合。
そして、カメラの性能はお世辞にもよくはない。

ただ、それ以外に何かあるかと言われると、ゲームやったり四六時中触るような使い方でもしない限りあまりない。
それをもってしても本体価格の安さに対する十分すぎる快適な基本性能の高さ、がやはり素晴らしい。

また、個人的にメーカー製のごちゃごちゃしたカスタムUIではないほぼ素うどん状態のAndroid UIがシンプルで使い安かった。
au系SIMでは相変わらず使えないらしいですが、1年くらいで使い捨てるくらいの感覚で、格安SIMを活用してとにかく安く携帯を持ちたいなら、選択肢として全然アリかも。

仮に比較的リセールの高いiphoneのSIMフリーを買ったとしても、下取り率は50%超えるかどうかなので、多くは求めず、1年くらいで壊れてもいいかって感じの人には全然アリな選択肢だと思います。

Gearbestだと13,000円くらいですが、すぐ来るAmazonで買う方が結果手元にも早く来てよさげ。

格安SIMでいえば、楽天モバイルが半年1,000円引きキャンペーンやっている今、Amazonのスターターパックで事務手数料浮かせるテクニックとかも使えて良さげですね。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

-GADGET
-, , , ,